1. バイク保険の比較サイトi保険 TOP
  2.  > 事故が起こってしまったら
  3.  > 二次災害の防止

二次災害の防止

  • ■事故現場は、ガソリンが流れたり、積荷に危険があったりするため、火は絶対に使わないでください。
    (発炎筒はガソリンや可燃物のそばで使用しない) 。
  • ■二次災害の防止措置をとったら、バイクに残らず安全な場所に避難してください。

二次災害の防止

二次災害に巻き込まれないよう、自分と相手双方の安全を確保してください。
また、二次災害を発生させないよう、車両等を安全な場所へ移動してください。

▲ このページの先頭へ戻る

停止表示器材の置き方

高速道路で運転することができなくなったときは次の対応が必要です。

  • ①自動車の後方の道路上に停止表示器材を置き、後続車の運転者に停止していることがわかるようにする。
  • ②夜間(昼間で視界が200メートル以下の場合も同じ)は停止表示器材とあわせて、ハザードランプ(非常点滅表示灯)を点滅させる。
  • ③停止表示器材を置くときは、発炎筒を使って合図するなど後続車に十分注意する。
  • ④現場を立ち去るときは、停止表示器材を置き忘れないようにする。
保険料一括比較はこちら
保険料10秒サーチ!
バイク保険一括見積もりはこちら
一括見積もりスタート
取扱代理店  株式会社アイ・エフ・クリエイト

(株)アイ・エフ・クリエイトは、三井ダイレクト損害保険株式会社・アクサ損害保険株式会社の
保険契約締結の媒介を行うもので、保険契約締結の代理権・保険料領収権および告知受領権はありません。

このホームページに記載している商品情報は商品の概要について説明した参考情報です。
取扱商品の補償内容や支払われる保険金は各保険会社の約款によります。
また用語集につきましても各会社により異なる場合がありますので、
実際の検討にあたっては保険会社のホームページ等で契約概要、注意喚起情報、パンフレット等でご確認ください。

▲ このページの先頭へ戻る