1. バイク保険の比較サイトi保険 TOP
  2.  > バイク保険(任意保険)の補償内容
  3.  > 人身傷害保険

人身傷害保険

ご契約のバイクに搭乗中の方、記名被保険者やそのご家族がケガをした時に補償される「自分のケガのための保険」です。その一つに実際に生じた損害を補償する「人身傷害保険 」があります。

人身傷害保険とは

バイクまたは自動車の事故(歩行中の事故やバイク・お車の搭乗中の事故)でおケガをされたり死亡された場合に、ご自身の責任(過失)割合にかかわらず実際の損害額(注)を補償します。

(注)約款の定める基準により算出します。

保険金が支払われる場合

契約しているバイクに搭乗者の者が所定のバイク事故により死傷した場合に保険金が支払われます。

被保険者の範囲

人身傷害保険の被保険者は、記名被保険者やその配偶者、これらの者の同居の親族、別居の未婚の子および契約しているバイクの正規の乗車装置またはその装置のある室内に搭乗している者などです。

支払われる保険金

保険金は、被保険者1名につき、保険約款に基づき算出された実際の損害額の全額が保険金額を限度に支払われます。
一般的には、保険会社は保険金支払後に、事故の相手方または相手方の保険会社に対して相手方の過失割合部分を求償します。

なお、相手方からの支払いが既にあった場合などには、損害額から支払いのあった部分(相手バイクの自賠責保険などからの支払額、加害者からの賠償金など)を控除した額が、保険金額を限度に支払われることになります。

この保険では、自己の過失部分を含めて損害額の全額が保険金として支払われる点に特徴があり、これにより、従来は補償されなかった被保険者自身の過失割合部分についても、相手方との示談を待たずに、保険金額を限度として損害額全額の補償が受けられることになります。

(注)人身傷害保険と搭乗者傷害保険とは、ともに契約しているバイクに搭乗中の者がバイク事故により死傷した場合に保険金が支払われますが、搭乗者傷害保険があらかじめ定められた保険金額が支払われる「定額払」であるのに対し、人身傷害保険は保険会社の定める損害額の基準に基づき支払われる「実損払」である点が異なっています。

保険金が支払われない主な場合(免責事由)

次のような場合には、保険金が支払われません

  1. ・ 被保険者の故意または重大な過失によってその本人に生じた損害
  2. ・ 被保険者の無資格運転、酒気帯び運転(注)、麻薬等の影響を受けた運転によってその本人に生じた損害
  3. ・ 地震、噴火またはこれらによる津波によって生じた損害
  4. ・ 戦争、核燃料物質、放射能汚染等によって生じた損害
  5. ・ 契約しているバイクを競技、曲技等のために使用することによって生じた損害

(注)「酒気帯び運転」の場合の保険金の取扱いは、保険会社により異なる場合があります。

保険料一括比較はこちら
保険料10秒サーチ!
バイク保険一括見積もりはこちら
一括見積もりスタート
取扱代理店  株式会社アイ・エフ・クリエイト

(株)アイ・エフ・クリエイトは、三井ダイレクト損害保険株式会社・アクサ損害保険株式会社の
保険契約締結の媒介を行うもので、保険契約締結の代理権・保険料領収権および告知受領権はありません。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、
必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

▲ このページの先頭へ戻る